株式会社サンステラ 300℃対応ノズル・PEIプラットフォーム搭載!3Dプリンター「Creality 3D Ender-3 S1Pro」を発売

Read Time:55 Second

コンシューマー向けの3Dプリンター・マテリアルの輸入販売を手掛ける、株式会社サンステラ (本社:東京都豊島区、代表取締役:和田 裕介)は、TPU造形・オートレベリングに対応した3Dプリンター「Creality 3D Ender-3 S1 Pro」を2022年4月より発売を開始予定と発表した。
現在予約を同社販売サイトにて受付中。なお、株式会社サンステラでご購入の場合のみ、
サンステラ独自で制作した日本語の取扱説明書が添付される。

Creality Ender-3にダイレクト式エクストルーダー・オートレベリングセンサー標準搭載
・ノブ式カラーディスプレイなどを搭載したのがEnder-3 S1に、
300℃対応のオールメタル高耐温ノズル・強固な定着が可能なPEIプラットフォーム
・LEDライト・タッチディスプレイ等を追加したProモデルが追加。

「Creality 3D Ender-3 S1 Pro」
https://www.creality-3d.jp/shopdetail/000000000164/

【先行予約キャンペーン実施中】
通販サイトCreality-3d.jpでは、本製品の発売を記念して予約販売を受け付け中。
3月31日までの予約者限定で、
通常価格¥ 59,400のところ56,430 円(税抜価格51,300 円)にて販売する。
https://www.creality-3d.jp/shopdetail/000000000164/

d83219 26 a361f4dd6c6ab082e005 0.png&s3=83219 26 c32e245b7e815ec0ebb6f93832bc1036
d83219 26 b075b7eedc41622b9003 2.png&s3=83219 26 508fc1d0a42650600109bf91c49e6176

【「Creality 3D Ender-3 S1 Pro」の特長】

1.300℃対応!TPU造形可!ほとんどの樹脂が造形可能なダイレクト式エクストルーダー
3Dプリンターの格安機のほとんどには「ボーデン式」というホットエンドから離れた場所からフィラメントを押出する方式が作用されていました。
しかしながらこの方式の場合、ゴムライクの柔軟性のあるフィラメントでは、チューブ内でフィラメントがしなってしまい正常に押出を行えないため、元来造形はとても難しいものでした。

Ender-3 S1 Proではダイレクト式エクストルーダーを採用。押出をホットエンドの真上で行うことで安定した押出を実現し、ゴムライク樹脂も造形ができるようになりました。

d83219 26 013184ce150e548ee67e 4.png&s3=83219 26 fa0c3396c99865abdff7f046ad8b4e54

ノズル温度は300℃まで対応。別売のエンクロージャーや硬化鋼ノズルを利用することでナイロンやポリカ―ボネードなど高温が必要な樹脂のほとんどが印刷可能です。

2.鮮やかな4.3インチカラータッチディスプレイで直感的操作。
4.3インチのカラータッチディスプレイを採用。
新開発のUIで簡単・直感的に操作することができます。
5分操作しないと自動で消灯。省エネルギーです。

3.造形物のSNSシェアや暗い場所での操作に便利。LEDライト付属!
造形物を照らすLEDライトが付属。暗い場所でも安全で、SNSなどでの写真撮影でもより綺麗に撮影が可能です。

d83219 26 8152ed5728c4be4c4396 5.png&s3=83219 26 ac5a6e9083d134ff4687bebe72395c70

4.定着の良さとを両立!PEIプラットフォームを標準採用!
従来はオプション製品として販売していた次世代プラットフォーム「PEIプラットフォーム」(別売定価¥3,960)を標準採用!

d83219 26 da55c66fa08b33cd4ffc 6.png&s3=83219 26 b9be8ae254f3eb3d448f8f41e987fdb4

強力な定着力とを造形物の剝離性を両立し、より便利に使いやすくなります!

【Ender-3 S1と共通の便利機能】

5.煩わしささよなら!水平出しが簡単なオートレベリングセンサー標準搭載。
3Dプリンターで造形する際に一番重要なことはプラットフォームの水平出しです。
水平でないプラットフォームの場合、第一層目が造形されなかったり定着できずに造形に失敗する場合があります。
【Ender3 S1 Pro】では、水平出しが簡単なオートレベリングセンサーの【CR-Touch】を標準搭載。
自動でZ軸高さを検知し、ソフトウェア上で造形時に補正を行います。
​いままでとても面倒だった水平出しレベリング調整が、簡単に完了します。

6.基本機能も充実。サイレントマザーボード搭載・高精度デュアルZ軸対応。
サイレントマザーボード搭載で動作音は50dB以下。
デスクの横でも寝室でも、造形場所を選びません。
高精度のデュアルZ軸構造で安定性も強化。
プリント中に層がずれることなく造形ができるので、筋目が出にくく、造形肌がとてもきれいに安定します。

7.組み立て時間15分!6ステップで完成する半組立モジュールで出荷!
96%完成した状態で梱包され出荷されるため、組み立て時間はわずか15分。
初代機種Ender3では2時間程度必要であったため、8分の1に短縮されました。
メンテナンスも簡単なので、長くお使いいただく事ができます。

関連パーツもサンステラから続々販売予定!

拡張性が高く、様々なメーカーのサードパーティパーツをご利用いただく事ができます。
今後、効果的な冷却が可能な水冷パーツが登場予定!株式会社サンステラでも取扱を予定しています。

d83219 26 ba0539e21666ad3ac5cb 9.png&s3=83219 26 307cbe2c22af59854ecb3ca67b242d28

【3Dプリンター取扱い10年の安心サポート】
株式会社サンステラでは、アフターサポートも安心。
平日10:00~18:00まで相談可能なサポートデスクを設けております。
また、株式会社サンステラ独自作成の日本語対応の取扱説明書を商品に同梱しております。

Next Post

NMC沼津ミニッツサーキット 【ミニッツ】NMCチャンネル #095 NMC×ZAZAさんコラボ第二弾! ZAZAさんウレタンコース初めて走るってよ。

今やミニッツ始めるならココで決まり!とも言われているとかいないとか。静岡県下最大級(自称)のミニッツ […]
24fb225c342aaa281fabb8c9a4a9e874