株式会社ヨコモ BD11詳細を発表

Read Time:17 Second

株式会社ヨコモは新型オンロードツーリングカー「BD11」の詳細を発表した。

2V6P3464

従来のハイエンドモデルの常識であった、
世界のレースシーンで戦える性能だから取り扱いが難しい
という前提を覆すべく開発された新シャーシ。

性能を最新のスペックとして高めつつ、
「誰にでもレースが戦える“ユーザビリティ”」として、
楽しみながら厳しさも感じられる、
ホビーとしての競技用ツーリングカーとして設計された。

特徴的なグラファイト製の高剛性ロングサスアームは、
樹脂やアルミパーツとのハイブリッドで構成され、
シャーシロールを減らしてコーナーリングスピードが向上した。
また、キット標準でRTC(リヤ・トー・コントロール)システムを装備。

フロントショックタワーは劇的な形状変更を果たしており、
左右をセパレートすることでフロント周りにフレックス性を持たせ、
マイルドな操作感に仕上がっている。
前後のショックアブソーバーもシャフトガイドが新設計になり、
さらにスムーズな作動を獲得しています。
なお、今後ハイグリップ路面などでの走行を想定した
剛性を高めるパーツもリリース予定となっている。

フロントのダブルジョイントユニバーサルも
新設計となり精度と耐久性が向上。
スタビライザーもサスアーム下に設置され低重心化を促進。

シャーシのフレックス設定に合わせてアッパーデッキも新形状に。
フロント側にはステフナーを併用することができ、
路面状況に合わせて剛性バランスを調整可能。

アッパーデッキリヤ側はポストで固定されているが、
ベアリング保持と微細なクリアランス調整により、
ピッチング剛性を維持しながらロールはしなやかに動く設定となっている。

アッパーデッキのリヤ側とバルクヘッドの接合部は、
ヨコモオリジナルシステムであるOリングを挟み込んだ
ローラーピン支持のATF(アクティブ・トップデッキ・フレックス)を搭載。
シャーシのねじれを最大限に引き出してリヤトラクションを高めている。
Oリングの硬度変更やスペーサーなどに変更することで、
旋回性能を自在に操ることができる。

BD11が遂に全貌を現す!レースで戦うためのユーザビリティ:

https://teamyokomo.com/topics/12587/

株式会社ヨコモ:
https://teamyokomo.com/

Next Post

株式会社タミヤ 弊社イベント・運営施設対応について(2022年3月22日更新)

株式会社タミヤはイベント・運営施設対応について(2022年3月22日更新)を公開いたしました。 本社 […]