I00000320

双葉電子工業株式会社 920MHz帯モジュールセット「TM-18、R9001SB」を発売

双葉電子工業株式会社は920MHz帯モジュールセット「TM-18、R9001SB」を発表いたしました。
2022年10月発売予定となり、販売希望価格は44,000円。

920MHz帯スペクトル拡散方式採用し、送信機固有のIDコードより、
他のAdRCSS 920MHzシステムからの妨害を防ぐ。
フェールセーフ機能搭載(3chのみ)

I00000320 1

■推奨

・FDLS-1または、DLPH-1を使用して、Futaba AdRCSS 920MHzシステムと
 Futaba 2.4GHz システムを同時に使用することを推奨(メイン=2.4GHzシステム)
※各システムで通信速度の違いにより、切替わり後の動作に多少の違いが発生するが、異常ではない。

対応送信機 T32MZ T18SZ T16IZ ※T16SZ ※T12K
※T16SZとT12KはCRFSコネクターに電源がない為、別電源が必要です。

■付属品

TM-18 RFモジュール
R9001SB
CRSF信号接続ケーブル
両面テープ
T32MZ取り付け用ステー

■仕様

TM-18 RFモジュール

・AdRCSS 920MHzシステム/最大16Ch(送信機設定による)

・通信方式:単向通信(テレメトリー非対応)

・全Futaba2.4GHzシステムと同時使用可能(FASSTest 18ch/12ch、FASST MULTI/7ch、S-FHSS、T-FHSS)

・消費電流:36mA(最大)

・パワーダウンモード(低出力モード)搭載

送信機別使用方法

・T32MZ CRSFコネクターに接続すれば使用可能。

・T18SZ、T16IZ、T16SZ、T12K 

 CRSFモードをONにしてください。この時にS,BUSサーボ設定は出来なくなる。

※海外での使用は各国電波法の関係からご使用できない。 

製品詳細:

https://www.rc.futaba.co.jp/products/detail/I00000320

source:双葉電子工業株式会社
https://www.rc.futaba.co.jp/

Total
1
Shares