LL img 332804 1

I-PEX ドローンの航行安全性を担保する バッテリー接続用コネクタを開発、2023年に販売開始予定

I-PEX株式会社(本社:京都府京都市、代表取締役社長執行役員:土山 隆治、
東証プライム市場 コード番号:6640、以下 I-PEX)は、
ドローンの航行において発生する振動や衝撃に対応し、
航行安全性を担保するバッテリー接続用コネクタ「AV-B60/AV-B90」を開発中。
2023年5月にサンプル出荷、同年9月に販売開始を予定している。

LL img 332804 1

バッテリー接続用コネクタ「AV-B60/AV-B90」

詳細URL: https://www.i-pex.com/ja-jp/library/news/av-b-series-20221108

人の頭上を飛ぶドローンにはさまざまな安全対策が求められる一方で、
2022年現在、ドローンのバッテリー接続において十分な航行安全性を満たす
コネクタは市場に存在しない。そこで開発されている「AV-B60/AV-B90」は、
次の4つの特長によって、安全なドローン航行やドローン製造時の
作業性向上に寄与する新たなバッテリー接続用コネクタ。

※出展:矢野経済研究所「ドローン(UAV/UAS)の世界市場に関する調査」

    ( https://www.yanoict.com/summary/show/id/672 )

1. 嵌合ロック

コネクタに嵌合ロック機構を実装し、ドローン航行時の振動や衝撃による意図しない嵌合外れを防止。

LL img 332804 2

2. 緊急抜去

ドローンに異常が発生した場合、嵌合ロック機構が有効な状態においても、嵌合ロック機構を操作することなく一定の力で電線を引っ張ることで電線を抜去し、迅速な電源遮断が可能。

LL img 332804 3

緊急抜去 1

LL img 332804 4

緊急抜去 2

3. 半嵌合の防止

半嵌合を防止する形状を設けることで、正しく嵌合できているかを視覚的に確認可能。
あわせて、嵌合時に発生するロック音によって、嵌合状態を聴覚的にも確認可能。

LL img 332804 5

半嵌合の防止 1

LL img 332804 6

半嵌合の防止 2

4. こじり嵌合対策と端子バネ部の過大変形防止

どの角度で挿入してもハウジングが内部の端子部に接触しない構造とすることで、
嵌合による端子の損傷、変形を防止。
さらに、間口部のハウジング肉厚を厚くすることで強度を上げ、
こじり嵌合によるハウジングの割れや亀裂を防止。

LL img 332804 7

こじり嵌合対策と端子バネ部の過大変形防止 1

LL img 332804 8

こじり嵌合対策と端子バネ部の過大変形防止 2

端子バネ部の根元に荷重受け部を設けています。ドローンの落下時や衝突時にも端子バネ部への荷重を最小限に抑制し、変形を防止して安定的な接続を維持する構造を採用。

LL img 332804 9

こじり嵌合対策と端子バネ部の過大変形防止 3

■AV-B60/AV-B90製品スペック

<AV-B60>

定格電流   :定格40A(瞬間 60A)/コネクタ

        (AWG#12使用時)

極数     :2

使用温度範囲 :-40℃~120℃

結線方法   :はんだ付け

適用電線サイズ:AWG#12-16(1.25sq-3.5sq)

アンチスパーク:無

コネクタ挿入力:30N以下

コネクタ抜去力:30N以下

コネクタ保持力:60N以上

耐電圧    :500V DC

<AV-B90>

定格電流   :定格70A(瞬間 90A)/コネクタ

        (AWG#8使用時)

極数     :2

使用温度範囲 :-40℃~120℃

結線方法   :はんだ付け

適用電線サイズ:AWG#8-12(3.5sq-8sq)

アンチスパーク:有

コネクタ挿入力:40N以下

コネクタ抜去力:30N以下

コネクタ保持力:60N以上

耐電圧    :500V DC

※本製品は開発中のため、仕様などを予告なく変更する可能性があります

Total
6
Shares