d83219 47 b17f5839e29448c6966d 0

株式会社サンステラ Polymaker社製 静電気放電(ESD)対応のフィラメント【PolyMax™PETG-ESD】の販売開始

コンシューマー向けの3Dプリンター・マテリアルの輸入販売を手掛ける、
株式会社サンステラ (本社:東京都豊島区、代表取締役:和田 裕介)は、
Polymaker社製3Dプリンター用PLAフィラメント【PolyMax™ PETG-ESD】の販売を開始した。

通常のPETGフィラメントと比較し靭性が高いほか、静電気放電機能があり、
静電気放電(ESD)から電子機器類などの保護を目的とした用途に適したフィラメント。
また、静電気放電(ESD)から電子機器類などの保護を目的とした用途に適したフィラメントですが、開放機でも印刷可能なPETGフィラメントの造形しやすさに加え、
一般的なPETGフィラメントと比較し靭性があるフィラメントのため、
強度などが必要な部位への使用など、様々な用途での利用が期待できる。
ダンボールスプールを採用。

d83219 47 b17f5839e29448c6966d 0.png&s3=83219 47 c6020f5aeec364aaebbb1f50d3466e9d

販売サイト:
サンステラ3Dモール:https://sunstella.co.jp/products/polymax-petg-esd
Polymakerサイト:https://www.poly-maker.jp/polymax-petg-esd.html

【ESD(静電気放電)とは】

【ESD】とは、Electro-Static Dischargeの略。
日本語に直訳すると『静電気放電』となります。
ほとんどの半導体デバイス(特に大規模集積回路デバイス)において、
静電気放電によって損傷を受けやすく、
様々な電子部品の損傷障害原因の55%以上が静電気放電よるものと言われている。
生産ライン等で使用するカスタムツールや治具、
固定具をESD材料で造形することで、電子部品を静電気から保護し、
回路や製品が損傷するリスクを低減し、生産歩留まりを向上することができるようになる。

d83219 47 249023cdb7866e6977e0 1.jpg&s3=83219 47 c553b95195ed09e32f8f502cf08557b1

​使用例

【フィラメントの特徴】

・ESD(静電気放電)に安全な素材で、電子治具や電子部品のプリントに最適
・80℃までの耐熱性
・優れた層間接着性

ESD性能が特徴のフィラメントながら、
開放機でも印刷可能で収縮が少ないPETGフィラメントの造形しやすさに加えて、
一般的なPETGフィラメントと比較し靭性があるフィラメントのため、
強度などが必要な部位への使用など、様々な用途での利用が期待できます。
(推奨印刷温度が250 – 290°Cのため、300℃対応製品のみ対応となります)

PolyMax PETG-ESD フィラメント基本仕様

定価:¥7,480(税込)

カラー:全1色(ブラック)
フィラメント径:1.75 mm (< ± 0.05 mm,通常は~ ± 0.02 mm)
重量:500g
推奨プリント温度(*1):250 – 290°C
推奨プリント速度(*1):30 – 50mm/s
推奨ヒートベッド温度:70 – 80°C

500gスプール詳細
パッケージ寸法:209㎜(W) x 223㎜(D) x 75㎜(H)
パッケージ重量:1.0kg
スプール寸法:200mm(W) x 200mm(D) x 60mm(H)
スプール内径:55mm(W)

※造形時は硬化鋼ノズルの使用を推奨いたします。

Total
4
Shares